本格和食店「響」開店

設計当初より日本人駐在員と連携した日本食店「響」(ひびき)が12月18日漢口サマセット横(地下鉄6号線 武勝路站 徒歩3分)に誕生しました。
日本料理を全方位で提供する居酒屋形式を基本とした武漢既存人気和食店と一線を画し、「『凝った料理をゆっくり楽しむ大人のダイニング』をコンセプトとして店舗内外装やメニュー、名刺類印刷物など一部日本人のデザインを起用し、食器類含め細部に徹底的にこだわった」(店長劉氏)和食店としてオープン、値段の手ごろさなどもあり18日の正式開店当初から連日満席の状況、武漢日本人社会で一大ブームとなっています。
サマセット付近ということでメニューは英語付記のものも用意されており、噂は既にサマセット在住の米国領事館員にも届いており、状況。店員は日本語はもちろん、1名は英語も話すとして今後国際的な交流場として期待されます。
なお12月、1月は年末年始の宴会シーズンでもあり事前に座席予約をされることをお勧めします。

住所:漢口中山大道武勝路交差点付近、操場角1-8号
予約電話:13871112628

One Reply to “本格和食店「響」開店”

  1. 開店してから響には夜二回、昼一回、計三回行きました。
    料理にこだわりがあり、他店にないメニューも数多く揃えてあります。食器も日本独特のものを揃えおり、美味しさを引き立ててます。
    明太子チーズ餅、蓮根海老挟み揚げ、メンチカツ、豚肉生姜焼き、などが私のオススメです。
    是非皆さんも一度行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です