砂浜に心にしみるメッセージ

1月29日より2月7日にかけ4便にわたり約600名の武漢在留日本人の帰国搬送が行われたが、第一便帰国組が約2週間弱宿泊する千葉県勝浦のホテル三日月に面する浜辺には「おつかれさま」や「がんばろう」など宿泊者を励ますメッセージが現れ、同ホテルのメンバーの心を癒している。
同ホテルに宿泊中の50代武漢駐在会社員は「部屋から出れないなど自由がない中、こういうメッセージは本当に心にしみる。この騒動が終わったらぜひ武漢駐在員の仲間でこの三日月に泊まりに来たい」と話す

One Reply to “砂浜に心にしみるメッセージ”

  1. 武漢日本人団結力の強さとそれを支えてくれる周りの人々には非日常的感動さえ感じます。自分よりも相手を大切に思う。間違無い 愛の力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です