武漢関西近畿会帰還プロジェクト完了!

武漢関西近畿会武漢帰還プロジェクトよるチャーター機&日本人合宿※は、5月27日に関西空港から2機、7月1日に関西空港から1機、そして8月9日に成田空港から144人を武漢へ帰還させ、8月23日に全員が無事「合宿※」を終了したことですべてのミッションを完了させた。

最終便は駐在員の配偶者や子供など家族関係者も参加するとのことで、全日空を使用。好評の日本人専用「合宿」については全部屋ウォッシュレット、製氷機を完備させ、事前準備生活資材もパワーアップ。子供には適時玩具を配布するなど隔離によるストレスを解消させる取り組みが行われた。 

さらに全部屋に海苔を配布し、毎日配られる弁当でのキャラ弁コンテスト大会が開催されるなど参加者が退屈しない取り組みも行われ、中国で(いや世界で)最高の合宿となった。

武漢関西近畿会事務局は「合計390人(第一便137人、第2便109人)1人も陽性者を出さなかったことが何よりもよかった。今回の帰還で駐在員はほぼ戻っており、これにて武漢関西近畿会の主催するチャーター便は終了するが、今後は合宿時に政府が起用した中国の旅行社が我々のDNAを受け継いで数便チャーター機を主催する予定。」と話している

湖北省では5月27日以前に約100人の日本人が戻っており、武漢関西近畿会チャーター機で390人、中国企業のチャーター機で100人、その他一般フライト&隔離で50人前後が戻って来ており、広州や上海など国内各地からの出張者などを合わせると現在700-800名前後の日本人が戻っている。

今後は上記中国の旅行社が主催するチャーター機&合宿が9月に2便行われる予定。

※武漢駐在日本人の間では1月の政府手配チャーター機での脱出&隔離時から隔離を合宿と呼ぶようになっている。



全日空B767を使用

全部屋に完備されたウォッシュレット、製氷機
家族も無事合宿終了
キャラ弁コンテスト 最優秀作品

合宿所の政府側係員&ホテル従業員 



One Reply to “武漢関西近畿会帰還プロジェクト完了!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です