武漢経済開発区 中リスク規制解除

武漢市は24日0時から市内2か所の新型コロナ感染中リスク指定地域を低リスク(通常)に戻すと発表した。
これにより日系自動車企業が集中する経済開発区に8月2日から出されていた外出規制や指定地区内への侵入規制(いわゆるロックダウン)が解除となり通常業務の遂行が可能となった。
武漢市には南部の江夏地区の1ブロックに中リスク規制を継続しているが、江夏地域の大規模封鎖は先週解除されており武漢の大規模封鎖は本日をもって全て解除された。
武漢の今回の大規模封鎖は7月初旬の南京空港でのクラスターを発端としている。
南京空港職員がロシアからの帰国便の廃棄物に触れ感染、その後空港職員内にクラスターを発生させ、同空港から中国各地に向かう空港利用者に感染を拡大し7月中旬から中国国内では各地で感染者が発生した。
一番影響が大きかったのはその中の大連の旅行者が感染したことで、まず南京から大連に感染が拡大。大連の感染者が中国では大人気の観光地の張家界を訪れ同地で有名な劇場を訪問、中国各地から劇場を訪問していた観光客らに大クラスターを発生させた。
武漢の感染はその劇場を訪れていた江蘇省の旅行団が7月27日に張家界からの帰路に湖北省荊州市でバスから高速鉄道に乗り換えた際に、同じ高速鉄道の駅を利用した若者が同日武漢に入り28日から職場で拡散。その職場の従業員や訪問した人間が次々に感染し8月2日に武漢市は経済開発区の主要地区約52平方キロを完全封鎖し感染中リスク地区に指定した。

同地区には自動車メーカーや自動車系部品メーカーが集中しており日系企業も数社が封鎖され同日から操業が出来なくなる事態となっていた。
日本人駐在員も住居区が封鎖されたり勤務先の工場が封鎖され帰宅が出来ない状態が続くなど不自由な生活を強いられた。

8月9日には「湖北日本人有志会※」の情報共有会が開かれ、ロックダウン地域の現状を把握し食材調達が困難な日本人住居区にはイオンが日本人に食材を配達するなど日本人同士での協力が行われた。また同会に出席していた日本大使館の職員やJETRO武漢事務所員は同会の内容を鑑み地元政府への改善要請を行っていた。

その後地元省政府、市政府の協力や配慮などにより生活環境や規制が徐々に改善し11日には貨物車のエリア内外相互通行証が、17日には同地区に職場を持つ中方職員へ通行許可書が、20日金曜日には工場から出れなかった日本人全員が帰宅できる状態になり、さらに今週に入り同地区内住居封鎖エリアに住む日本人全員に住居と勤務先の往復を許可する通行許可書が発行され各企業は順次操業を再開していた。

武漢市の感染者は11日から発生しておらず今週中には残る1か所の中リスク地区が解除となる予定で武漢は約3週間で新型コロナ感染の抑え込みに成功した。



※湖北日本人有志会:2018年3月設立。2020年1月の日本への帰国チャーター便の際の湖北省での日本人の把握と連絡および5月以降の日本から武漢への帰還便などを主催した商工会とは別の組織。2020年6月までは武漢関西近畿会としていたが湖北省の日本人会に組織を変更。日本人だけの個人の会として会社単位で会員になる商工会とは全く異なる組織。

武漢市と東京の同縮尺地図。今回の封鎖区域の大きさがいかに大きいかがわかる

12月5日忘年会 昨年と場所変更

恒例の武漢日本人忘年会ですが当初昨年と同じ場所での開催を目指しましたが今年は少人数で残念ながら場所が去年と変更になっております。(こちらのホームページでの案内が遅れておりましたすみません)
また参加には参加券が必要となります(すでに参加申込は終了しました)

湖北日本人会忘年会概要
参加資格:日本人関係者(日本語の理解できる方)
    ※マスコミ、スナックカラオケ関係者は参加不可。
     政府関係者参加にて当日厳重な身分と健康チェックがある予定。      
趣 旨 :政府主催の日本へのチャーター便での帰国、関西近畿会主催の武漢帰還便の打ち上げ
概 要 :
① 食事:西洋料理 中華料理ビュッフェ。
② 飲み物:ビール、チュ-ハイ、ワインなど 
③ 豪華賞品くじ引き大会
④ クラブ対抗クイズ大会
⑤ 各種ステージ演出
問い合わせ先: 
湖北日本人会 2020年大忘年会事務局  2020party@hubei.jp 
関西近畿会事務局 kinki@wuhan.jp           



武漢関西近畿会帰還プロジェクト完了!

武漢関西近畿会武漢帰還プロジェクトよるチャーター機&日本人合宿※は、5月27日に関西空港から2機、7月1日に関西空港から1機、そして8月9日に成田空港から144人を武漢へ帰還させ、8月23日に全員が無事「合宿※」を終了したことですべてのミッションを完了させた。

最終便は駐在員の配偶者や子供など家族関係者も参加するとのことで、全日空を使用。好評の日本人専用「合宿」については全部屋ウォッシュレット、製氷機を完備させ、事前準備生活資材もパワーアップ。子供には適時玩具を配布するなど隔離によるストレスを解消させる取り組みが行われた。 

さらに全部屋に海苔を配布し、毎日配られる弁当でのキャラ弁コンテスト大会が開催されるなど参加者が退屈しない取り組みも行われ、中国で(いや世界で)最高の合宿となった。

武漢関西近畿会事務局は「合計390人(第一便137人、第2便109人)1人も陽性者を出さなかったことが何よりもよかった。今回の帰還で駐在員はほぼ戻っており、これにて武漢関西近畿会の主催するチャーター便は終了するが、今後は合宿時に政府が起用した中国の旅行社が我々のDNAを受け継いで数便チャーター機を主催する予定。」と話している

湖北省では5月27日以前に約100人の日本人が戻っており、武漢関西近畿会チャーター機で390人、中国企業のチャーター機で100人、その他一般フライト&隔離で50人前後が戻って来ており、広州や上海など国内各地からの出張者などを合わせると現在700-800名前後の日本人が戻っている。

今後は上記中国の旅行社が主催するチャーター機&合宿が9月に2便行われる予定。

※武漢駐在日本人の間では1月の政府手配チャーター機での脱出&隔離時から隔離を合宿と呼ぶようになっている。



全日空B767を使用

全部屋に完備されたウォッシュレット、製氷機
家族も無事合宿終了
キャラ弁コンテスト 最優秀作品

合宿所の政府側係員&ホテル従業員 



漢口水位 2017年超える

連日の大雨でいよいよ漢口の水位は7月8日9時に27.6mを記録。既に2017年を超えさらに上昇している。
直近での記録としては歴代5位を記録した2016年の28.37m、これは1931年の戦前最大の洪水記録と同等。4位は1996年の28.66m、3位は1999年に記録した29.43m、2位は1998年の29.43m。そして歴代最高位は漢口の市民総出で堤防を築いた1954年の29.73m。
とりあえずまだ2mくらいは大丈夫そうなので皆様安心してください。

137人 各自宅へ戻る

6月10日 武漢市漢陽の政府指定合宿(隔離)施設から5月27日に武漢へ関西空港から帰還した137人の日本企業駐在員と家族が、14日間の合宿を終え出迎えた各社の駐在員や職員と車に乗り込み自宅へと戻っていた 合宿開始当初は弁当やエアコン使用不可により急遽用意された冷風機用保冷剤の部屋へのデリバリートラブルなど頻発したが、政府側スタッフの改善活動などにより合宿中盤にはトラブルはほとんど解消された。また一部合宿メンバーがスタッフへ感謝のメッセージをドアに掲示するなど徐々に政府側スタッフと合宿メンバーの心の絆が生まれはじめ、最終日に出所する際にスタッフ側から日本語メッセージ入り折鶴と記念品が贈呈され137人は笑顔で湖北省各地へ戻って行った。

日本語のメッセージ入り折り鶴と記念品
日本メンバーからスタッフへの感謝メッセージ

今回の合宿は武漢版三日月和光(柏)を目指すとして、あらかじめ部屋には日本製シャンプー・ボディーソープなど生活備品のほか、マヨネーズ・醤油・塩などの調味料も事前装備、朝食はセブンイレブンが担当し昼と夜は日本食を提供するという「中国では初めての試み」(政府関係者)を行った。 主催した武漢関西近畿会では7月5日の第2便に向けて「基本同じ合宿形式ながらさらにバージョンアップした快適な合宿」(関西近畿会代表)を準備しておりさらなる日本企業駐在員の武漢帰還をサポートする。

あらかじめ部屋に用意された備品
日本食の弁当
セブンイレブンの朝食

65日ぶり地下鉄再開!

3月28日より地下鉄が部分再開いたします。
28日からは地下鉄1号線、2号線、3号線、4号線、6号線、7号線の6線で朝6:30~9:30、夕方16:30-19:30のラッシュ時のみ営業します。
運営する武漢地鉄によるとしばらくこの時間帯での営業を行い、状況に応じ6:30-21:00へ移行するとしています。
バスは3月25日より下記117路線で再開します。

火车站线路

(42条)

汉口火车站:509、533、10、38、289、292、411、561、703、730、736、79、545

武昌火车站:577、61、518、538、511、66、402、706、BRT1、570、399、电4、电8、202、901、906、908、638

武汉火车站:634、118、297、382、392、513、525、540、551、610、643

支线和微循环

(75条)

汉口:119、319、408、726、508、584、526、550、716、721、9、电3、211、311、312、321、323、326、360、341、332、376、378、364、505、615、628、809

汉阳:337、351、580、740、760、735、637、383、335、562、26、385、654、361、395

武昌:564、715、616、573、343、782、913、702、758、567、14、307、316、327、333、348、349、362、365、368、371、386、578、587、18、40、320、340、632、756、781、817

地元の方との新しい絆が誕生

先月29日に武漢より帰国した日本人が入居する千葉県勝浦市の三日月ホテルでは、本日入居者の最終ウィルス検査が行われる中ホテル従業員からの暖かい手作りメッセージカードが配られ、夕方には地元住民による砂浜に灯篭の設置と砂浜へメッセージが映し出され、暖かい声援がホテルの部屋に届いた。
これを受け武漢帰国メンバーは部屋から砂浜に向かい「ありがとう」と応えるシーンも見られ、三日月だけでなく他の合宿所のメンバーも今回地元の方々やホテル三日月との新しい絆が生まれたことに皆感動しており、日本人帰国グループチャット上では涙涙のオンパレードであった。

海岸に並べられた灯篭
ホテルスタッフからのメッセージ

砂浜に心にしみるメッセージ

1月29日より2月7日にかけ4便にわたり約600名の武漢在留日本人の帰国搬送が行われたが、第一便帰国組が約2週間弱宿泊する千葉県勝浦のホテル三日月に面する浜辺には「おつかれさま」や「がんばろう」など宿泊者を励ますメッセージが現れ、同ホテルのメンバーの心を癒している。
同ホテルに宿泊中の50代武漢駐在会社員は「部屋から出れないなど自由がない中、こういうメッセージは本当に心にしみる。この騒動が終わったらぜひ武漢駐在員の仲間でこの三日月に泊まりに来たい」と話す