日本人駐在員の恩人 呉建民氏 ご逝去

故 呉建民氏

元湖北省対外友好協会副会長の呉建民氏が21日武漢で死去されたことが確認された。60歳だった。
呉建民氏は湖南省出身。武漢大学で日本語を専攻し卒業後湖北省政府外事弁公室に入庁。その後福島県庁にて数年間研修するなど日本との交流を深め、研修後は語学力とともに湖北省内で最も日本をよく知る役人として日本との交流には欠かせない存在となった。
2009年11月の福島県議会日中友好議員連盟訪中時には当時友好協会秘書としてホスト役を担った。その後湖北省省外国専家局局長を経て対外友好協会副会長(会長は外事弁主任が兼任するので実質トップ)となった。

また2020年の新型コロナ肺炎で中国が外国人の入国を一時的に規制し、一時帰国していた日本人駐在員の中国への帰還が困難になった際に、湖北日本人有志会(当時は関西近畿会)主催の帰還チャーター機※の実現に向けて中国側で多大なる貢献をされた。
2020年の副会長退任後も、湖北省委外事工作委員会弁公室一級巡視員として対海外企業 とりわけ日本企業関係者と外事弁や省政府要職関係者との橋渡しに尽力していた。

呉建民氏は2021年春頃に体調を崩し入院、2021年秋に退院後自宅で療養。2022年2月には漢口の日本料理屋「八雲」で大好きな「手打ちそば」や「和牛すきやき」を食するなど元気を取り戻していた。6月に開催された新しい外事弁主任章主任主催の湖北日本人有志会田頭会長(当時)送別会には元気な姿で参加されていたという。
関係者によるとその宴席では60歳の定年退官後も「日本にかかわる仕事をする」と語っていたとのこと。

※2020年5月27日、6月15日、8月9日の3便に続きその後2021年までに合計7便を実施。フライト制限やビザ発行制限など困難を湖北省外事弁公室の協力で克服して実現した世界初の現地日本人会主催の海外拠点への帰還チャーター便。14日間の隔離ホテルを日本人専用の部屋の仕様や食事にするなど当時1月の政府手配のチャーター機帰国でのホテル三日月での隔離にちなんで「三日月in武漢合宿」と呼ばれた。
5月の武漢での実績のあと広州や上海の各地日本人会がチャーター機を飛ばし始めた。

2022年6月 湖北省外事弁公室主催田頭氏送別会での呉県民氏(一番左)
左から故呉建民氏、田頭氏(湖北日本人有志会前会長)、興津氏(湖北日本人有志会現会長)、章主任(湖北省外事弁公室)、佐伯氏(JETRO武漢所長)、馮副主任(湖北省外事弁公室)

春節休暇中のPCR検査受付状況

武漢市内のPCR検査受付状況下記通り

1)厚労省フォーマット対応可能な病院
優康クリニック(中西病院):22日~27日は休み それ以外対応可能 21日は特別料金発生
ヨシダクリニック:21日~23日は休み それ以外は対応可能
2)一般の病院→表記を英文もしくは日文にできない可能性有り
第一病院(漢口)は春節期間中も検査可能

日本人、成田で陽性多発 隔離へ

日本政府は昨年12月30日から中国直行便を利用する入国者へ抗原検査を行い、陽性者を一定期間待機施設に隔離する措置を開始したが、あまりにも陽性率が高かったことにより、8日からフライト搭乗時に出発72時間以内のPCR検査の陰性証明の提示を義務付け、到着地での検査を抗原定性検査から、より精度の高い抗原定量検査かPCR検査に変更した。
ある中国在住日本人駐在員は久しぶりに春節休みを日本で過ごそうと、居住地でPCR検査陰性の陰性証明を取得し1月9日の成田直行便で帰国したが到着地PCR検査結果が陽性と診断されたため隔離施設に入らされたと当サイトへ報告があった。この日本人は12月に新型コロナに感染していた。
この日本人帰国者によると「同じ便にも多数隔離させられる日本人が居た」とのこと。
「中国でのPCR検査基準と日本の基準が違うのか。。。せっかくの休みが無くなってしまう」(同日本人)と嘆いていた

下記は待機陽性のある日本人に渡される待機所からの退所基準

春節期間中日本への渡航で必要なPCR検査の問題発生

日本政府は1月8日より昨年12月30日から施行中の中国からの入国者への抗原検査をPCR検査に変更し、さらに搭乗前72時間以内のPCR検査陰性結果を義務付けると発表した。なお到着空港の規制については受け入れ態勢が整えば入国可能とするとした。

これを受けて中国では日本への渡航予定者が一斉に指定病院に予約を入れようと行ったが、中国では既に各地で一般向けのPCRは終了しており、大使館・領事館ホームページ掲載の指定医療機関におけるPCR検査が行えないことが判明、大使館・領事館含め多くの日本人帰国者が大混乱している。

武漢でも大使館掲載の優康クリニックでは春節期間中の22日~27日のPCR検査が行われないことが判明、ヨシダクリニックでも21日~23日は検査不可。24日からは検査可能。
なおワクチン3回接種済みであれば日本政府のフォーマットが不要なので第一病院にて春節中も検査することが可能。
いずれにせよ早めの予約が必要

武漢市漢口にある大使館指定病院「優康クリニック(中西病院)」のPCR検査場

恒例武漢クリスマスパーティー12月17日に開催

2019年より毎年開催されているクリスマスMUSIC PARTY(主催:武漢軽音部、湖北日本人有志会)が今年は日中国交正常化50周年記念行事として12月17日土曜日に開催される。
19年に漢口旧租界倉庫跡のバーを貸し切って「日本のバブル時代のクリパを武漢で!」をスローガンに100人超規模で開始したこのイベントだが、口コミなどで参加人数は毎年増加、昨年12月に開催された第3回クリスマスMUSIC PARTYは武漢最高ランクの仏系ホテル “FAIEMONT” 2Fのレストラン「1907 BAR · GRILL」を貸し切り230人規模で開催された。
当初参加者は日本人およびその関係者に限られていたが、地元女性の割合も年々増加しているという。
今年は従来のレストラン形式から規模を一気に拡大し2022年1月にリニューアル開業したインターコンチネンタル・クラウンプラザを経営する米国「IHGホテルグループ」の新ブランド「武漢新華VOCOホテル武漢」の宴会場での開催が決定。既に参加者募集前から事務局や当サイトへの問い合わせが相次いでいる。
なお参加エントリーならびに参加チケット入手は11月28日より下記日本料理店で参加者募集が開催される予定。

漢口:八雲、響、花月、長野屋、縁楽
開発区:田舎屋、武蔵

問い合わせ先:上記参加チケット入手可能な日本料理店もしくはkeion@wuhan.jpまで

2022年 武漢軽音部 クリスマスMUSIC PARTY オフィシャルポスター

チャーター便本日完了

日本政府の手配した全日空チャーター第5便が今朝武漢より羽田に到着し、1月28日から開始した政府による湖北省から日本への退去支援が終了した。
第1便は漢口近辺、第2便は漢陽および武昌、光谷一部、第3便は光谷と周辺および第1便2便に乗れなかった方々、第4便は武漢以外の湖北省都市と中国籍家族の帰国、
そして本日の第5便は4便に乗れなかった方々と会社方針で残っていた企業の駐在員などが一部を残して帰国した。
今回の5便に搭乗した65人を加えると最終合計630人が日本へ帰国したが、まだ湖北省には約60人くらい残っているという
今回の上記チャーター便にかかわった駐在員は「実は今回の帰国イベントにおいては報道されていない様々なストーリーがあった。さらに一緒に帰国したメンバー同士、宿泊施設の方々、地元の方々との新しい絆も生まれた。また落ち着いたら帰国したメンバーと武漢で飲みながら共有したい」と語っている。
先週隔離期間を終えた第一便で帰国した方の中には、すでに今週から中国やその他の国で業務を開始しており、それぞれ武漢復興へ向けた新しい活動が再開されている

地元の方との新しい絆が誕生

先月29日に武漢より帰国した日本人が入居する千葉県勝浦市の三日月ホテルでは、本日入居者の最終ウィルス検査が行われる中ホテル従業員からの暖かい手作りメッセージカードが配られ、夕方には地元住民による砂浜に灯篭の設置と砂浜へメッセージが映し出され、暖かい声援がホテルの部屋に届いた。
これを受け武漢帰国メンバーは部屋から砂浜に向かい「ありがとう」と応えるシーンも見られ、三日月だけでなく他の合宿所のメンバーも今回地元の方々やホテル三日月との新しい絆が生まれたことに皆感動しており、日本人帰国グループチャット上では涙涙のオンパレードであった。

海岸に並べられた灯篭
ホテルスタッフからのメッセージ

領事出張サービス 12/8実施

今年も 在中国日本大使館の『領事出張サービス』(予約制)が本年12月8日(日)、武漢日本商工会忘年会開催前のタイミング(15:00~17:00)で実施されます。
場所も利便性から忘年会会場である漢陽ヒルトンホテルで行われます。

領事出張サービス詳細は下記通りです
■日時:2019年12月8日(日)15:00~17:00
■場所:ヒルトン武漢リバーサイド(漢江)2F「董事会庁」 (武汉世茂希尔顿酒店/HILTON WUHAN RIVERSIDE) (住所:湖北省武漢市漢陽区濱江大道190号)  TEL:027-5955-8888

【1】 在留証明(要予約)
【2】署名及びぼ印証明(要予約)
【3】「同一人物証明」「出生証明」「婚姻証明」「戸籍記載事項証明」(要予約)※「警察証明」は出張サービスの対象外。
【4】(1)旅券の申請(要予約)、(2)旅券の受取り(要予約)  ※12月4日(水)までに大使館で申請した方は、当日武漢で受取り可能。当日武漢で申請した方は、12月11日(水)から大使館(北京)で受取り可能。  ※旅券の「査証欄の増補」は出張サービスの対象外。
【5】戸籍関係届出(要予約)
【6】在外選挙人登録(要予約)
【7】在留届の受付(予約不要)

予約は12月4日(水)までに,直接日本大使館領事部にメールでお申し込みください
■予約メール:日本大使館領事部zairyu@pk.mofa.go.jp
下記明記してください
【件名:武漢サービス(○○)←( )内に姓を記入】
1.名前,パスポート番号
2.電話番号
3.希望時間(①15時~15時半,②15時半~16時,③16時~16時半, ④16時半~17時)
4.サービス内容(【1】在留証明,【2】署名ぼ印証明,【3】その他の証明,【4】①旅券の申請,②旅券の受取り,【5】戸籍,【6】在外選挙)
 ※【1】在留証明,【2】署名ぼ印証明,【3】その他の証明の方は,来場時間の予約後,事前にメール申請も必要です。大使館HP『領事出張サービス(武漢市)』の■申請方法をよくご覧ください。ご協力お願いします。

日本大使館からのお知らせ【遠隔地にお住まいの方のパスポート申請について】 日本大使館管轄内で北京市,天津市,河北省以遠の地域にお住まいの方を対象に,パスポートの早期発給を行っています(事前の電話予約制)。
○日本人窓口電話(直通):010-6532-2628,010-6532-6539
○午前11時までに申請した方の交付は,当日午後4時頃になります。
○午後申請した方の交付は,翌開館日午前11時頃になります。
○先にホテルにチェックインしてから来館してください(申請時にパスポートは当館がお預かりします)
○機器のメンテナンス日は,予約をお受けできませんのでご了承ください。 詳しくは,日本大使館HPをご覧ください
→ http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/passport-2_j.htm

2019年日本商工会忘年会開催!

日本商工会忘年会が12月8日日曜日に開催されます
昨年は史上最多の370名 が参加し、初の武漢軽音部バンド演奏も披露され例年にまして大盛況で終わりましたが、今年はテーマを「新時代の絆を、武漢と共に・・」と題し、昨年同様商工会会員企業の社員ならびに武漢滞在の日本人、それらの方の中国の友人の方々に大体的に呼び掛けており、昨年より多くの人数の参加が見込まれております。主催する商工会役員は「今年は昨年以上に盛り上げたい」と意気込んでおります。
詳細は下記通り
1.日時:2019年12月8日(日曜日) 
    17:30~(16:45受付開始)
2.場所:HITLON武漢リバーサイド
2階 大宴会庁(*昨年と同じ場所)
漢陽区濱江大道190号 027-5955-8888
3.参加対象者:
①商工会会員企業、およびその家族の方
②武漢で勤務 している日本人の方
③武漢で日系企業に勤務されている方(非会員企業も可)
④日本人教師・留学生・研究生等。 
⑤上記①~④の方の中国人の友人※
(※飲み屋、カラオケの方はダメ)
4.会費: 
大人1名350元、幼児、小中学生無料
会費は当日受付で現金にて支払
HILTONホテル中華フルコースが楽しめます

5.イベント内容: 豪華景品抽選/大道芸人/武漢軽音部バンド生演奏
6.忘年会に関する問い合わせ
忘年会準備グループ事務局 赤間  kikuo.akama@sumitomocorp.com

◎【忘年会参加者の申込み方法】
(景品提供者後段記載)
以下3点を記入の上、下記メールアドレス宛に11月29日(金曜)17:00迄に申込み
① 企業名(団体名/個人参加)と代表者名
② 参加者合計の人数(幼児、小中学生の人数を明記)
③ 代表者の携帯番号
≪メール送付先≫ 
寺澤 koki.terasawa@sumitomocorp.com
龚(ゴン)  xin.gong@sumitomocorp.com

☆参加申込みに関するお問合せ先: 
住友商事武漢 寺澤 185-7153-0631
龚(ゴン) 185-0271-3386
申込期限: 11月29日(金曜)17:00迄
人数減もしくはキャンセルの場合のキャンセル費用
① 申込み後12月4日(水曜)までキャンセル:キャンセル代無し
② 12月5日(木曜)から8日当日までのキャンセル:大人1名200元

◎【景品提供ご協力のお願い】
景品提供いただける企業様は以下3点をご記入の上、下記メールアドレス宛にお申し出お願いします。
①  景品提供企業名(或いは個人)
②  景品名(例:イオン買い物商品券 500元、お子様用ミニカー1名分) 
③  携帯番号
≪メール送付先≫
寺澤 koki.terasawa@sumitomocorp.com
龚(ゴン)  xin.gong@sumitomocorp.com
☆景品提供に関するお問い合わせ先:
 住友商事武漢 寺澤  185-7153-0631
龚(ゴン) 185-0271-3386
→景品は当日会場へご持参頂くようお願いします。当日持参不可の場合は、景品担当 寺澤と事前に受け渡し方法について確認頂くようお願いします。

2019年武漢日本商工会忘年会ポスター

商工会大忘年会12月9日に開催 

恒例の武漢日本商工会主催忘年会が12月9日(日曜日)に開催されます

今年の忘年会テーマは「日中友好の懸け橋を武漢と共に・・・」

商工会会員企業のみならず、武漢滞在の日本人やその方の中国人の友人など毎年350人前後の大きな忘年会になっております。

今年も昨年同様漢陽のヒルトンホテル(希爾頓)で開催、豪華賞品抽選会などイベントのほか同ホテルの自慢の中華料理フルコースがお楽しみいただけます。

1.日時: 2018年12月9日(日曜日)
夕方17:30~20:15まで(16:45より受付開始)

2.場所: 武漢ヒルトンホテル(漢陽地区)
2階大宴会庁
漢陽区濱江大道190号
電話 027-5955-8888

3.参加対象者:
①武漢日本商工会会員企業様、そのご家族の方々
②武漢で勤務されている日系企業の方々(非会員企業も可)
③日本人教師・留学生・研究生等
④上記①~③の方の中国人のご友人など(原則飲み屋の女性は不可)

4.会費:大人1名350元 →当日受付で現金にて徴収
WECHATなど不可
幼児、小中学生は無料と致します(高校生は大人と同じ)

5.スケジュール

16:45 武漢ヒルトンホテル 2階 受付開始、入場、着席(自由席)
17:30 開始 開会の辞
17:35 武漢日本商工会会長挨拶、政府来賓紹介、政府来賓代表挨拶
17:50 乾杯、食事(*中華料理コース)
18:10   大道芸人パフォーマンス
18:35   大抽選会(ジャンケン大会及び抽選方式)
*一等賞は全日空様ご提供の日本往復ペアチケット無料券
20:00   武漢軽音部バンドによる生演奏
20:15 中締め&エンディング(武漢FLY AWAY合唱)

6.中華料理について
全員着席による中華料理フルコース。ソフトドリンク、ビール、ワイン等を用意
(アルコール持ち込み可)

7.忘年会参加申込み方法
以下3点をご記入の上、下記メールアドレス宛にお申し込みください。

① 企業名(団体名/個人参加)及び代表者の名前
② 参加者合計の人数(幼児、小中学生の場合は、この旨を記載頂きたく)
幼児、小中学生は無料、高校生は大人同様とします。
③  代表者の携帯番号

≪メール送付先≫
kikuo.akama@sumitomocorp.com
xingyu.zhou@sumitomocorp.com

☆参加申込みに関するお問合せ先:
赤間(住友商事 武漢分公司 185-7179-1751)
周 (住友商事 武漢分公司 132-0718-2110 )

お申込期限: 11月30日(金曜)17:00迄

■キャンセルについて
① 12月5日(水曜)までキャンセルの場合:キャンセル代無料
② 12月6日(木曜)から当日までのキャンセル:大人1名200元
③ 無断欠席は大人1名200元の罰金、さらに武漢でのイメージ悪化などの社会的制裁が待っています。。。。。

8.景品提供について
以下3点をご記入の上、下記メールアドレス宛に申し出てください。
(忘年会参加者申し込みのメールアドレスとは違いますのでご注意ください)
① 景品提供企業名(或いは個人)
② 景品名(例:イオン買い物商品券 500元、お子様用ミニカー1名分)
③ 携帯番号

≪景品提供希望者のメール送付先≫
TO keisuke.hara@mizuho-cb.com(CCで kikuo.akama@sumitomocorp.com  を入れてください)

☆景品提供に関するお問い合わせ先:
原(みずほ銀行武漢支店) 134-7617-6901
赤間(住友商事 武漢分公司 185-7179-1751

→景品は当日会場へご持参頂くようお願いします。当日持参不可の場合は、景品担当原様と事前に受け渡し方法について確認頂くようお願いします。

9.その他お問い合わせ先
kikuo.akama@sumitomocorp.com
武漢日本商工会 文化部長 赤間さん (住友商事185-7179-1751)